株式取引の用語集

株って投資専門用語が多いですよね?

株の勉強をしようと思ったときに、つまづくきっかけになってしまうのが専門用語です。

 

大切なのは、その用語が何を意味するか、実際にどのように使われるのか、その言葉で何が分かるようになるのかをそれぞれ関連付けて理解することです。

 

特に、初心者の方が良く調べる用語について取り上げておきましたのでそれぞれの単語の意味が分からないときにご利用ください。

 

株式取引用語集


はじめてのネット株取引なら楽天証券!

株式取引用語集?分からないことや知りたいことはこちらで【徹底解説】記事一覧

低位株やボロ株というのは、株価の低い(数百円程度の)銘柄を指す言葉です。単位株が大きい銘柄も多く、低位株という名前から購入価格も安そうですが単位株数はそれぞれの銘柄次第となっていて直接的な関係はありません。低位株の一つの特徴として、ボラティリティ・変動率の高さ(10,001円が10,000円になるのと101円が100円になるのとでは、1円の値動きによる影響力が全然違いますよね)があります。これはつ...

ストップ配分というのは、ストップ高(安の場合は逆です)の銘柄に売りが1000、買いが5000集まっている状態のときに、売られた1000を5000に対して配分することを言います。(買いや売りが集中して取引が出来ない場合に特別気配というものが発表され、売買価格の再設定が行われます。)ストップ高という状態は、相場が分かりやすく一方に動いていることが多く注文が集中して発生します。また、それに便乗して買いを...

IPOとは、新規に上場する株式会社の株を取得する権利を指すことが多いようです。公開前の株を手に入れることで、上場後に売却益が狙えるため人気があり、ほとんどの場合抽選によって当選者が決定されます。しかし、思惑とは逆に上場後に下落する可能性ももちろんありますから、初値予想は非常に重要です。通常の銘柄評価のように分析するだけでなく、公開株数が多いか少ないか(単純な需給の関係で多いと下がり少ないと上がる傾...

ミニ株というのは、通常100株を1単元とする銘柄の場合10株単位で取引できる仕組みのことです。 単元未満株というと、もっと広い意味になり1〜99株までのことを全般的に指します。また、会社によってはS株だったりプチ株だったりいろんな呼び名があります。単元未満株が取引できるネット証券会社は、ある程度数が限られていて対応していないところも多いです。このミニ株や単元未満株を取引するメリットですが、少ない金...

株主優待は、個人投資家にとって嬉しいものの一つです。主に、その会社と関連のある製品などが送られてきますが、鉄鋼業などのように直接的に消費者とかかわりの無い業界の場合、商品券などが送られてくることがあります。権利確定日に単元株数以上持っていると株主と認められて優待が受け取れて、権利落ち日以降になれば売っても大丈夫です。ただし、これは企業にとっては負担がふえるだけなので1年、2年と保有期間に応じて優待...