ミニ株・単元未満株とは?【株式取引用語集】

ミニ株は毎月コツコツ投資したい方にもおすすめ

ミニ株というのは、通常100株を1単元とする銘柄の場合10株単位で取引できる仕組みのことです。 単元未満株というと、もっと広い意味になり1〜99株までのことを全般的に指します。

 

また、会社によってはS株だったりプチ株だったりいろんな呼び名があります。

 

単元未満株が取引できるネット証券会社は、ある程度数が限られていて対応していないところも多いです。

 

このミニ株や単元未満株を取引するメリットですが、少ない金額で投資できるという一点に尽きるでしょう。

 

配当も10分の1なら10分の1ずつ保有株数に応じた割合でもらえるようです。

 

株主優待は正式な株主ではないためもらえませんが、コツコツと投資を続けて単元株数に到達すると正式な株主となり、もらえるようになります。


ミニ株の取引はどうすればできるの?

株取引の中に"ミニ株"と呼ばれるものがあります。

 

ミニ株とは株取引の取引単位を小さくしたものです。通常の株取引は取引単位が1000株・100株といった具合に決まっています。最低購入単価が設定されているわけですね。その為1株が200円であったとしても200円で1株購入する事が出来ず、最低取引単価に従ったものとなります。

 

購入したい銘柄の最低購入単価が1000株だったとすると20万円必要になるわけです。株取引資金がたくさんある方であれば何の問題もなく取引できると思いますが、資金の少ない方にとっては厳しいです。

 

しかし、ミニ株取引であれば基本取引単位の1/10で取引を行う事が出来ます。上記の例で言うと1000株取引が100株から購入できるといった感じです。その為、2万円の資金で100株を購入できるわけです。

 

少ない資金で株取引を行えるのがミニ株取引のメリットではありますが、ミニ株には売買出来ない銘柄が存在しています。これは銘柄がミニ株取引を許可するかどうかで変わっています。なので、あなたが取引を考えている銘柄がミニ株で取引きできない事もあるので事前にチェックしておきましょう。

 

また、ミニ株では指値での注文・当日注文を行う事が出来ません。注文した翌営業日の寄付き値での売買となります。寄付き値とは、その日の市場で最初に売買が成立した時の値段をいいます。始値の事ですね。その為、注文を出した時点では株価がいくらで取引されるかが分からないというわけですね。これは売買共通となっています。

 

その為、自分の予想と違った数値で取引されてしまうケースも多いです。ミニ株取引をする時は"○円"と決めておくのではなく"○円〜○円の間"とある程度の幅を予想しておくようにしましょう。そうすれば、売買計画が大きくずれる事はないはずです。

はじめてのネット株取引なら楽天証券!

ミニ株・単元未満株とは?【株式取引用語集】関連ページ

低位株・ボロ株
低位株やボロ株と呼ばれている株ってどんなものなのでしょう?言葉のイメージから想像付きますが、実際にどういうふうに使うのか調べてみました。
ストップ配分・比例配分
ストップ配分や比例配分という単語は経済ニュースなどを聞いているとたまにでてくる、ストップ高やストップ安といった言葉と関係してきます。
IPO・新規公開株
IPOというのは、これから新しく株式市場に上場する銘柄を一般に売買される前に手に入れることができる仕組みです。抽選の競争が激しいことでも有名ですね。
株主優待
株主優待とは、株主になることで手に入れられる特権のようなもの。配当金以外にももらえる株主優待って日本では結構当たり前になってきていますが…。