ネット証券会社の選び方とは?

どうやって証券会社を比較すればよいのでしょうか?

株の売買を仲介してくれるのが証券会社です。

 

いろいろな会社がありますが、それぞれ特徴が分かれています。では何を基準にして選べば満足できるのかというポイントを確認していきましょう。

 

すぐに思いつくのが手数料ですね。最近のネット証券はどこも手数料はかなり安いですが、デイトレードをする方でなくてもやはり気になるポイントでしょう。

 

手数料体系には主に、一回の注文の成立金額に応じて支払う通常手数料と、一日の取引での注文成立金額の合計に応じて支払う一日定額手数料の二通りがあります。

 

デイトレのように、一日に何度も取引をするなら定額方式のほうが安くなります。

 

他には、初心者の方や投資資金が少ないけど株価の高い銘柄が買いたいという方に支持されているミニ株と単元未満株の取り扱い、時間外でも取引ができる夜間取引やPTS(独自システム売買)の有無もよく調べられています。

 

他には、アクティブトレーダーに選ばれている信用取引や、新規公開株の抽選チャンスが多い証券会社も人気です。

 

最後になりましたが、証券会社は複数の会社を同時に利用することができますから、メリットに応じて使い分けることもできます。


ネット証券の比較の基準とは?

取扱金融商品

投資と言っても国内株や外国株、FX、先物など色々な種類があります。全ての投資商品を取り扱っているネット証券もあれば、一部しか取り扱っていないネット証券もあります。ただ、取り扱っている数が多ければ良いわけではありません。あなたが投資を考えている商品があれば問題ないのでしょう。なので、あなたが投資したい商品があるかを比較する様にしましょう。

 

提供ツール

投資の損益を決めるのが投資ツール。これを使いこなす事が出来ればより利益の出しやすい環境に身を置くことが出来ます。投資ツールには色々な種類があるのですが、中には操作が難しい物があります。操作が厄介で分かりにくいツールはスムーズな取引の妨げになるので、出来るだけ操作が簡単で高性能なツールを提供しているネット証券を選ぶと良いでしょう。メインの口座として利用しなくても、ツールが魅力的であれば口座を開設してそのツールを使えるようにしておくのも一つの方法です。

 

セミナー開催頻度

ネット証券で比較しておきたいのが投資セミナーの頻度です。毎朝ノウハウ動画を配信しているような証券会社もあれば、全くセミナー関係のコンテンツのないネット証券もあります。ネット証券からのノウハウは市販の本などで得られない貴重な情報が多いので、なるべく口座開設者に濃いノウハウを提供しているネット証券を優先的に選んだ方が良いでしょう。

 

手数料

ネット証券はほとんど低い手数料設定にしています。その中でも特に手数料にこだわって業界水準以下の手数料で運営しているネット証券があるので、なるべく手数料の低い証券会社を選ぶようにしましょう。あと、メインで動かす口座は手数料の低いところにして、他証券会社のツールを使って取引するといった方法もあるので覚えておきましょう。

はじめてのネット株取引なら楽天証券!

ネット証券を比較する基準記事一覧

約定金額ベースというのは、株の売買注文が成立した金額に応じて1回ごとに手数料を支払っていく一般的な方式です。デイトレードをしない方におすすめです。満足度の高い納得の選び方証券会社によって得意な価格帯が違うのでよく取引する株の価格帯で手数料が有利なネット証券を選ぶとお得です。株主優待・配当利回り・これからの業績などが期待できる銘柄を買うことを想定して選んでみては?証券会社手数料詳細10万円20万円5...

一日定額方式というのは、通常の場合と違って一日の間に成立した株の売買注文の合計金額に応じて手数料を支払っていく方式です。デイトレードなど一日の間に頻繁に取引をする方におすすめです。満足度の高い納得の選び方一日定額方式の場合、約定金額にかかわらず安いところと高いところがはっきりと分かれているので日によってトレードする金額が変わってもだいたい変わりません。上限が設定されているネット証券はヘビートレーダ...

信用取引は上級者というイメージがありますが、株主優待をローリスクで狙う手法など、初心者にも注目されています。リスクについて正しい知識を持っていない方は手をださないように注意!システムを活用した売買のビジョンが見えている方向けです。満足度の高い納得の選び方SMBC日興証券の信用取引手数料無料コースが登場したためまず第一の選択肢としてこちらから検討してみてはいかがでしょうか?それから、売買スタイルに合...

ミニ株というのは、単元株数以下で株を売買できる仕組みのことです。会社によっていろいろな呼び方がありますが、最も耳に馴染んでいるミニ株としてご紹介していきます。満足度の高い納得の選び方証券会社によって売買単位が異なりますある程度目標が定まったら手数料が有利なネット証券を選ぶとお得です。単位株数に達した時点で、株主優待なども手に入るようになります。証券会社売買単位手数料その他の費用株主の権利について詳...

夜間取引としてはじまった独自システムで、夜間取引やPTSというのは私設の取引システムをつかった、証券取引所を経由しないあたらしい概念の株取引です。PTSのシステムを提供してる会社によって、取引条件が異なります。現在SBI証券のみが対応しています。満足度の高い納得の選び方ネット証券でPTSを利用しようと思っても現在SBI証券でしか扱っていません。かつては、カブドットコム証券や松井証券、マネックス証券...

上場する会社の株を上場前に購入することができるのがIPOです。初値が購入時より高ければそれだけ大きな利益となるため人気があります。上場予定の会社によっては百万単位で資金を用意しなくてはいけないこと必ずしも初値が高くなるとは限らないことという注意もあります。IPOに興味がある方におすすめです。満足度の高い納得の選び方本気でIPOを狙うなら、取扱いする可能性のある大手の口座をもって準備しておきましょう...

投資信託は、銀行や郵便局など身近なところでも買えますが豊富な取扱いファンド数や、手数料体系などでは証券会社のほうが優れています。手数料を余分に払いたくない方におすすめです。満足度の高い納得の選び方長期的に投信を積み立てするなら、フィデリティ証券など本格的な運用ができる証券会社がおすすめ。ファンド本数が豊富で検索機能が充実している証券会社なら充実した投信選びが期待できます。証券会社総数ノーロード積み...

個人向け国債とは日本国債のことですが、郵便局や銀行など幅広い金融機関で扱っています。コスト面での違いが無いので、キャンペーンに注目してみましょう。満足度の高い納得の選び方証券会社はもちろん、銀行などのその他の金融機関と比較しても違いはありません。しかし、ネット証券の場合よくキャンペーンをやっています。取扱い実績に加えて、キャンペーンの内容で比較して選んでみませんか?証券会社個人向け国債キャンペーン...

日経225の先物取引は、証拠金取引です。少ない資金でも取引ができますし、同じ資金ならより大きな取引ができます。オプション取引もあります。手数料も大切ですが、資金効率の良さという点でSPAN証拠金率の低いところだとよりすくない資金で取引できるというところにも注目しておきましょう。満足度の高い納得の選び方SPAN証拠金率で資金効率を、手数料でコストを見て選びます先物やオプションの手数料は各証券会社でキ...

外貨建てMMFというのは、FXや外貨預金とよく比較されますが、投信の一種です。内容としては、安定性のしっかりした公社債投信で運用するためリスクはかなり低く抑えられています。ただし、外貨建て商品なため為替レートの影響を受けてしまいます。その一方、為替で利益がでても非課税という扱いになっています。満足度の高い納得の選び方証券会社による違いといのはありません。基本的に外貨MMFは手数料無料で購入できるた...

FXは取引所を介した、くりっく365や大証FXなどもありますが2012年に税制が改正されたことも追い風となって手数料無料がスタンダードな店頭取引のFXが支持されています。そんなFXは、スプレッドと呼ばれる為替手数料がよく比較されています。満足度の高い納得の選び方手数料はほとんどの業者で無料。FX初心者の方が安心して始められる1万通貨より少ない売買単位を採用しているかどうかも調べました。基本的には取...

債券投資は比較的、安定志向の方に人気です。ただし、好利回りな海外債券も最近注目度が高まっているようでよく調べられています。海外投資に興味のある方と安定志向の方におすすめです。なお、個人向け国債についてはこちらのページで特集しています。満足度の高い納得の選び方証券会社によって得意な価格帯が違うのでよく取引する株の価格帯で手数料が有利なネット証券を選ぶとお得です。株主優待・配当利回り・これからの業績な...