ネット証券でFX比較におすすめ

FXのスプレッドでネット証券を比較

FXは取引所を介した、くりっく365や大証FXなどもありますが
2012年に税制が改正されたことも追い風となって
手数料無料がスタンダードな店頭取引のFXが支持されています。

 

そんなFXは、スプレッドと呼ばれる為替手数料が
よく比較されています。

 

満足度の高い納得の選び方

手数料はほとんどの業者で無料。
FX初心者の方が安心して始められる1万通貨より少ない売買単位を採用しているかどうかも調べました。
基本的には取引したい通貨のスプレッドが狭いところを選んでおけば、取引で満足できるはずです。

 

証券会社 スプレッド 最少
売買
単位
評価 詳細
米ドル円
USD/JPY
ユーロ円
EUR/JPY
ポンド円
GBP/JPY
豪ドル円
AUD/JPY
GMOクリック証券 0.3銭 0.7銭 1.2銭 1.0銭 1万通貨 スプレッドが魅力。
世界No1の取引高を誇る。
GMOクリック証券の公式サイトGMOクリック証券の詳細ページ
マネーパートナーズ証券 0.5銭 0.9銭 1.9銭 1.5銭 100通貨 約定拒否・価格のスリップが無いと好評。信用取引にある代用有価証券の仕組みも利用可。 マネーパートナーズ証券の公式サイトマネーパートナーズ証券の詳細ページ
ライブスター証券 0.9銭 1.9銭 3.4銭 3.2銭 1万通貨 手数料の安い証券会社として知られていますが、FXではスワップポイントの高さが人気。 ライブスター証券の公式サイトライブスター証券の詳細ページ
SBI証券 1銭 2銭 3銭 2銭 1万通貨
一部1,000通貨
少額取引にも対応。
代用有価証券も利用可。
SBI証券の公式サイトSBI証券の詳細ページ
楽天証券 0.5銭 0.9銭 2.9銭 1.2銭 1,000通貨 2013年よりサービス一新。
少額取引にも対応。
楽天証券の公式サイト楽天証券の詳細ページ
カブドットコム証券 0.5銭 0.9銭 1.8銭 1.4銭 1万通貨 FXも低コスト好条件 カブドットコム証券の公式サイトカブドットコム証券の詳細ページ
岡三オンライン証券 0.4銭 0.9銭 1.4銭 0.9銭 1,000通貨 他の金融商品と並んで
FXも低コスト好条件
岡三オンライン証券の公式サイト岡三オンライン証券の詳細ページ
マネックス証券 2銭 4銭 6銭 4銭 1万通貨
(1,000通貨有料)
スプレッドが広い
FXでは注目度低い。
マネックス証券の公式サイトマネックス証券の詳細ページ
松井証券 1銭 4銭 6銭 4銭 1万通貨 スプレッドが広い
FXでは注目度低い。
松井証券の公式サイト松井証券の詳細ページ
内藤証券 1.5〜3銭 2.1〜4銭 3.5〜8銭 2.2〜5銭 1万通貨 スプレッドが広い
FXでは注目度低い。
内藤証券の公式サイト内藤証券の詳細ページ
証券会社 米ドル円
USD/JPY
ユーロ円
EUR/JPY
ポンド円
GBP/JPY
豪ドル円
AUD/JPY
最少
売買
単位
評価 詳細
スプレッド
SMBC日興証券 取扱いなし SMBC日興証券の公式サイトSMBC日興証券の詳細ページ
フィデリティ証券 取扱いなし フィデリティ証券の公式サイトフィデリティ証券の詳細ページ
むさし証券 店頭取引のFXは取扱いなし むさし証券の公式サイトむさし証券の詳細ページ

専業が強いイメージのあるFXですが…?

厳しいFX業者間競争で戦えるネット証券も

ネット証券のFXは、少し詳しい人なら、おまけ程度という認識を持っているかもしれません。

 

しかし、徹底した低コストが魅力のGMOクリック証券
低コストと約定能力に優れるマネーパートナーズ証券
スワップポイントが最高水準のライブスター証券
の3社は非常に有力な選択肢と言えます。

はじめてのネット株取引なら楽天証券!

ネット証券FX比較!おすすめランキング【スワップ・スプレッド】関連ページ

ネット証券現物株手数料比較!約定金額ベース【少額取引】
ネット証券を比較するならやはり手数料は真っ先に気になるポイントです。しかし、注文ごとに支払うタイプの料金体系のものは時々トレードをする一般の方向けのプランになっています。
ネット証券手数料定額!一日定額コース比較【デイトレ】
現物株の手数料でネット証券を選ぶときやはりデイトレーダーのように毎日何回も取引をする方向けの情報も必要でしょう。本格的なトレードをするなら一日定額方式のプランで選びましょう。
信用取引手数料比較!金利・保証金【ネット証券口座選び】
信用取引というのは、金利と手数料の二つでコストが決まります。文字通り手数料は売買するときの2回ですが、金利は信用取引をしている間はずっとかかります。
ミニ株おすすめ証券会社!手数料比較【積み立て・初心者】
ミニ株は取り扱っている証券会社が少ないです。その中でも手数料などはよく見るとかなり違いがあります。データをそろえておいたので、安くて有利な条件のネット証券を選んでみてください。
PTS株SBI夜間取引!時間外取引【株式ランキング】
ネット証券と相性がいいと思われていたPTS・私設取引システムですが、現在は縮小傾向。取引が少なく現在では個人でできるものはほぼすべて終了しています。SBI証券が唯一現在も取扱いっています。
ネット証券個人向け国債キャンペーン比較【中途換金変動10年】
ネット証券でIPOに参加するときの注意ですが、基本的にIPOは大手の証券会社が幹事となります。そこから主要な証券会社へと振り分けられるので、実績のあるところを広くカバーしておく必要があります。
ネット証券投資信託比較!取扱いファンド・積立【コツコツ運用】
ネット証券で投資信託をはじめるときの注意ですが、手数料や運用成績のいいファンドを探したらあとは、とり扱いがあるかどうかを調査しなければいけません。つまり、評判のいいところはいいファンドが揃っているということです。
ネット証券個人向け国債キャンペーン比較【中途換金変動10年】
ネット証券に限らず、個人向け国債はドコで買っても同じです。敢えて違いを探していくと、キャンペーンになります。条件はそれぞれ違いますから、クリアできそうなところを選んでみては?
日経225先物手数料安い!ネット証券ランキング【OP・証拠金率】
ネット証券の日経225先物は、手数料で証拠金率で選ぶのがおすすめ。初めての方ならミニの手数料にも注目。少ない金額で取引できるので安心です。オプションのほうの条件も掲載しています。
外貨MMFおすすめネット証券!税金は?【為替手数料比較】
外貨建てMMFは、安全性の高い運用方針であるMMFと外貨建て商品を組み合わせたものです。運用リスクが低いため主なリスクは為替変動リスクで、外貨預金よりも条件が良いので人気があります。
ネット証券債券比較!利回り金利は?【安定型投資】
債券は比較的安定した運用をしたい人に人気がありますが、その中でも危険性の高いハイイールド債、安定性の高いソブリン債、社債に地方債などいろいろな種類があり、さらに海外のものもあります。